東京都江東区 行政書士土井義広です。江東区、江戸川区、墨田区での起業、会社設立(株式会社、合同会社、NPO法人)を熱烈応援中!

定款作成のルール

定款作成のルール

定款に記載する事項には、「絶対的記載事項」、「相対的記載事項」、「任意的記載事項」の3つがあります。

① 絶対的記載事項

 必ず記載しなければならない事項です。この事項の記載がないと定款は無効となります。
    (1)目的
    (2)商号
    (3)本店の所在地
    (4)設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
    (5)発起人の氏名又は名称及び住所
   *(6)発行可能株式総数
    *(6)は、原始定款(会社設立時に作る定款)に定めなくても、定款自体は無効となりませんが、
      会社設立までに必ず定めなければならない事項ですので、ここでは絶対的記載事項に含めて
      おります。

② 相対的記載事項

 必ず記載しなければならない事項ではありませんが、記載しなければその効力が生じない事項です。
 定めたら必ず記載しましょう。
    (1)設立時の現物出資に関する事項
    (2)株式の譲渡制限に関する事項
    (3)相続人等に対する株式の売渡し請求
    (4)特定の株式のみと株式の売買契約を締結できる規定
 *上記以外にも多数存在します。

③ 任意的記載事項

 定款に記載しなくともよい規定です。但し、いったん定款に定めたら定款変更しない限り規定を変更
 できません。その点は注意が必要です。
    (1)公告方法
    (2)事業年度に関する規定
    (3)役員の人数
    (4)定時株主総会の開催時期
 その他、必要に応じて定めます。


               定款作成の流れ < 定款作成のルール > 定款を作る

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional